建築家と建てる家づくりAbout rplus

建築家と建てる家づくり

セミオーダーの家づくりでデザイナーズハウスがより身近に

岩手県盛岡市・滝沢市の注文住宅で豊富な実績を持つ「暖笑ノ家」では、ハイセンスでスタイリッシュなデザイナーズハウスを誰にでも手が届く価格でご提案しております。

一流のアトリエ建築家にマイホームを設計してもらいたい──そんな多くの方の願いをかなえるのが「R+house」(アールプラスハウス)と呼ばれるセミオーダー式の家づくり。アトリエ建築家だからこそ叶うデザイン性と、確かな品質とを兼ね備えた住まいづくりは、R+house加盟工務店である「暖笑ノ家」にお任せください。

アトリエ建築家とは?

「アトリエ建築家」とは、工務店やハウスメーカーに属さない独立系の一級建築士を指します。彼らは一般住宅だけでなく、企業や官公庁からの依頼で、商業施設や公共施設などの設計に携わることも多く、その専門性や個性が高く評価されているスペシャリストです。それだけに、設計料も高い傾向があり、これまで、一般の私たちには敷居の高い存在でした。

ところが、彼らのようなアトリエ建築家が手がける家をより身近なものにしたいという想いから、一つのビジネスモデルが産声を上げました。それが「R+house」(アールプラスハウス)。ハイセンスでスタイリッシュなデザイナーズハウスを、住宅品質や性能を損なわず、しかも多くの方の手に届きやすい価格で提供する、まったく新しい家づくりのカタチです。

「暖笑ノ家」は、このR+houseの加盟工務店として、盛岡市・滝沢市で高品質な住まいをご要望される方に“建築家と建てる家”をご提案します。

建築家と建てる家のメリット

建築家と建てる家のメリットは、デザイン性だけではありません。

“ライフスタイル”や“暮らし方”を表現

アトリエ建築家が住宅を設計する際に着目するのは、そこに住まう人のライフスタイルや暮らし方です。具体的には、どんな趣味や嗜好を持っているのか、家族についてどんな考え方を抱いているのか、将来のプランはどんなものかといったイメージです。

一方、工務店の設計士のように部屋はいくつ欲しいか、広さはどの程度がよいかといった点にはまったくこだわりません。アトリエ建築家ほどの経験・スキルがあれば、こうしたイメージだけで、内外観や間取りのプランはもちろん、どれだけの部屋がいくつ必要か容易に答えを出せるからです。

土地の形状や広さに関わらず理想のプランを提案

アトリエ建築家なら、一般に住宅建築に不向きだと言われる変形地や狭小地でも、その条件を逆手にとったプランを提案できます。すでに取得済みとなっている土地が一見難しい条件でも、彼らに任せてみてください。きっとご要望や理想をかなえる住まいを実現できるでしょう。

アトリエ建築家ならコストカットもお手のもの

住宅設計に精通した建築家は、施工のプロセスについて誰よりも熟知しています。したがって、どこで時間のムダや材料のムダが発生しているのかを突き止めるのも難しいことではありません。つまり、品質を落とさずに建築コストを下げることも、アトリエ建築家なら実現できます。

R+houseの家づくりでは、彼らのこうしたスキルに着目し、コスト削減についてもアドバイスを受けています。

R+houseが建築家と建てる家を手の届く価格にできる理由

アトリエ建築家による家づくりを手の届く価格したR+house。その理由は「ムダの徹底排除」にあります。

セミオーダー方式でムダを徹底排除

デザイン住宅と呼べるクオリティーでありながら“手の届く”価格を実現するR+house。それを可能にしているのが「セミオーダー化」です。一般に注文住宅は完全自由設計=フルオーダーですが、R+houseでは、あえて一定の制約を設けました。こうすることで、材料のムダや工程のムダを排し、コスト圧縮を図ることに成功。材料を選ぶ手間、検討する手間が減り、コスト高に直結する打ち合わせや設計変更の頻度を大幅に減らすことができました。

仕入れの工夫によるコストダウン

「暖笑ノ家」では卸問屋などの仲介業者を通さず、メーカーと直で取引しています。こうすることで、仕入れに伴う中間マージンを排除。さらに、仕入れ先に代金を先払いすることで、必要な資材を通常より安く仕入れています。

優れた高気密高断熱性能は「暖笑ノ家」を継承

「暖笑ノ家」が提供するR+houseには、優れた高気密高断熱性能が継承されています。

快適な暮らし心地を約束する高気密高断熱設計

R+houseのメリットは、デザイン性と手が届きやすい価格だけではありません。優れた耐震性・耐久性など、住宅に求められる基本性能をしっかり追求しています。とくに、「暖笑ノ家」から継承した高気密高断熱性能は、R+houseの四季を問わず快適な暮らし、家計にやさしい省エネの実現に寄与しています。

大規模地震でも安心の耐震性・耐久性

従来の在来工法は柱が建物全体を支える構造のため、ツーバイフォー工法に比べて横揺れ弱い欠点がありました。しかし、R+houseでは建物全体を柱だけでなく、木質パネルによる“面”で支えます。こうすることで、地震や強風から受ける力を効果的に分散させることが可能になりました。