ZEHについてAbout zeh

ZEHについて

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)への取り組み

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)への取り組み

ここでは、岩手県盛岡市・滝沢市で注文住宅を手がける「暖笑ノ家」が、「ZEH」とは何か、住まいをどう変えるかについて解説します。

「ZEH(ゼッチ)」とは、「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」の略。年間の光熱費実質「ゼロ」を目指す住宅のことを指します。「暖笑ノ家」では、創エネと省エネを組み合わせたこの「ZEH」の家づくりにも、積極的に取り組んでいます。

ZEH (ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは

ZEH (ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、創エネと省エネを組み合わせ、電力消費実質ゼロを目指す住宅のことです。

家庭で使うエネルギーを住まいが創り出す

「ZEH」(ゼッチ:ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の「ネット」は、「正味」という意味を持ちます。つまりZEHとは、「電力消費を実質ゼロにできる家」と考えていただければよいでしょう。もっとわかりやすく言えば、エネルギーの自給自足を可能にする住まいです。

とはいえ、ZEHになったからと言って、電力会社から電気を購入しなくてもよいわけではありません。あくまでも、家庭で使うエネルギー量を、太陽光発電が生み出すエネルギー量で相殺し、年間の消費エネルギーの収支を実質的にプラスマイナス「ゼロ」にする──これがZEH本来の意味です。

つまり──

ZEH=使う電力創り出す電力0

と考えることができます。

ZEHの家を建てるには?

ZEHの家づくりには、断熱と省エネ、そして創エネを組み合わせる必要があります。

断熱+省エネ+創エネ+蓄熱でZEHを実現

ただ単に、太陽光発電システムを導入してもZEHにはなりません。使う電力と創り出す電力を相殺して実質の消費エネルギーをゼロするには、住まいの断熱性能と省エネ性能をこれまで以上に向上させ、家庭で使うエネルギーの絶対量を大幅に減らす必要があります。

つまり──

断熱
高気密・高断熱性能を向上させエネルギーロスを最小限に

+

省エネ
HEMSなど住まいにおける電力消費量を抑える仕組みを積極導入

創エネ
高効率の太陽光発電システムを搭載することで、住まいで使うエネルギーの大半を創出

ZEH

ということになります。

ZEHのイメージ

ZEHのイメージ

ZEHが注目されている理由とは?

地球温暖化ガスの排出量削減は、わが国でも最重要課題の一つとして位置付けられています。ZEHは、こうした流れから生まれた政策です。

なお経済産業省では、東京五輪が開催される2020年までに、標準的な新築住宅でのZEH普及を目指しています。新築住宅の大半がZEHあるいはそれに準じる仕様になる日は、もう目前に迫っているのです。