「暖笑ノ家」ブランドについてAbout brand

「暖笑ノ家」ブランドについて

高断熱高気密がかなえる、笑顔が続く住まいづくり

岩手県盛岡市・滝沢市で注文住宅を手がける「暖笑ノ家」。
暖かな空間には笑顔が集う─
そんな家族団らんのイメージをブランド名にしました。

ここでは、高気密高断熱化への徹底したこだわり、“長生きする家、長生きさせる家”をかなえる高耐久で健康的な住まいなど、
「暖笑ノ家」を支える当社の体制・取り組みについてご紹介します。

「暖笑ノ家」を支える7つの体制・取り組み

高気密高断熱化への
徹底したこだわり

高気密高断熱化への徹底したこだわり

厳寒期の北海道で培った家づくりを生かした「暖笑ノ家」では、
住宅設計から素材の活用まで、高気密高断熱化に関わるすべての領域を徹底して強化。
豪雪地帯で知られる岩手県盛岡市・滝沢市でも、その優れた性能をいかんなく発揮します。
暖かい空間には笑顔が集う──これが「暖笑ノ家」のブランドコンセプトです。

「長生きする家、長生きさせる家」
への取り組み

 「長生きする家、長生きさせる家」への取り組み

住まいは何十年、何世代にもわたって家族の城であり続けなければならない──
こうした考えから、当社は住宅の高耐震化や高耐久化にどこよりも力を注いできました。
同時に、長く住み続ける城である限り、そこに暮らすご家族が末永く健康であるよう
家づくりを根本から見直すことにも注力してきました。

このことを端的に示す取り組みが、自然素材の積極的な採用。
ホルムアルデヒドなど揮発性有機化合物を含む合板や壁紙などを使わず、
天然無垢材の床や、珪藻土の壁などを標準とすることで、家族を「長生きさせる家」を実現しています。

職人とアドバイザー、
2つのプロのコラボレーション

職人とアドバイザー、2 つのプロのコラボレーション

「暖笑ノ家」には2タイプのプロフェッショナルがいます。
一つは「職人」。それぞれ“一人親方”として豊富な経験を積んできた腕利きの大工が、
“作品”と呼べるほど完成度が高い一棟を生み出します。
そしてもう一つは「アドバイザー」。
家づくりについて、“今”だけでなく、ご家族の“未来”を見据えたアドバイスをご提案する頼もしい存在です。
もちろん、お客様が抱く家づくりに関する疑問に答え、不安を払しょくするのもアドバイザーの務め。

当社の「暖笑ノ家」では、この職人とアドバイザーの両輪で家づくりが進みます。

専門領域である地盤改良工事で
さらなる安心をご提供

専門領域である地盤改良工事でさらなる安心をご提供

住宅品質や性能がどれほど優れていても、軟弱地盤の上に建っていたとしたらその価値は大きく目減りしてしまいます。
それだけならまだしも、その家で暮らすご家族にとっては、不安この上ない状況でしょう。

「長生きする家」づくりを掲げる当社では、住宅の耐震性・耐久性を高めるだけでなく、
豊富な地盤改良技術を駆使して、建築用地の調査・改良工事を徹底。
不同沈下や大震災時の液状化といったリスクを未然に排除します。

マイホームへの夢をカタチにする
「R+house」(アールプラスハウス)

マイホームへの夢をカタチにする「R+house」(アールプラスハウス)

一流の建築家に自宅の設計を頼みたい──誰もがマイホームで思い描くそんな「夢」をかなえるのがR+houseです。
「暖笑ノ家」はこのR+house加盟工務店として、
デザイン・性能ともに第一級の住まいを“手の届く価格”でご提案します。

創業50年の経験とノウハウを糧に
新たなチャレンジ

創業50年の経験とノウハウを糧に新たなチャレンジ

昭和42年(1967)に創業した「せきしょう」は、
50年にわたり岩手県盛岡市・滝沢市で住宅事業や地盤改良事業に携わってきました。
こうした歴史を通じて豊富な経験やノウハウを蓄積してこられたのも、地元のお客様との信頼関係があってこそ。

しかし、私たちはこの現状に満足せず、「自信・実績・技術と価格」を研き、
地場の工務店としてさらに皆様からの厚い信頼を獲得できるよう努力を重ねてまいります

地場の工務店だからこそ担える、
“わが家のまもり手”

地場の工務店だからこそ担える、“わが家のまもり手”

家は建てて終わりではありません。
むしろ建ててからが、そこに暮らすご家族にとってはスタート地点。
大事なのは、ご家族にとって大切な“城”が末永く、健全な状態を保つことができることです。

そのために当社では、すべての施主様のお宅について、巡回点検や各種メンテナンスを長期にわたって実施しています。
こうしたお引き渡し後のフォローが十分にできるのも、地域に根差した工務店だからこそ。