在来工法の家づくりAbout zairai structure

在来工法の家づくり

「暖笑ノ家」が採用する工法について

大きな吹き抜け空間と年中快適な住まいを両立させる工法こそ、
「暖笑ノ家」の家づくり。ここでは、岩手県盛岡市・滝沢市で注文住宅を手がける当社が住宅建築の手法として採用している「在来工法」(木造軸組工法)について、その特徴とメリットをわかりやすく解説します。

なお、在来工法のメリットを最大限に生かす、腕利き大工職人の仕事で成り立っているのが「暖笑ノ家」。運営する「株式会社せきしょう」の“しょう”は“匠”を意味しています。

在来工法とは?

在来工法とは?

木材で柱と梁を組み、これで家全体を支えるのが「在来工法」です。「木造軸組工法」とも呼ばれます。

家づくりの手法としてはこれ以外にも、壁面で建物を支える「ツーバイフォー工法」や鋼材を組んでつくる「軽量鉄骨工法」などがあります。杉やヒノキなど木材を多く産出する日本では古くから在来工法が主流で、これは今も変わりありません。

在来工法のメリットとは?

国内で多くの工務店で採用している在来工法。日本の家づくりを支えてきた手法だけに、多くのメリットがあります。

空間設計の自由度が高く、改築もしやすい

柱と梁を組んで骨格をつくり、その上に屋根を載せ、周囲を壁で囲うことで家を形成する工法のため外観の形状や内部空間を自由に設計できる特徴があります。また、壁を移動することで間取りを容易に変更できるといったメリットも。さらに、構造を支える主要な補強壁以外であれば撤去も可能で、これにより壁を取り除いて一続きの大空間を作り出すことも可能です。

上下空間を生かして開放感あふれる住まいに

柱と梁は建物を支える骨格ですが、あえてその柱や梁を見せるようにすることで床面から天井までの高さを生かしながら、開放感あふれる内部空間にすることも可能。たとえば、太い梁が走る勾配天井はその代表的なもの。在来工法でなければできない演出です。

開口部を大きく取ることができる

最近の住宅では、床面から天井の高さまであるサッシ=「ハイサッシ」を採用したリビングが増えています。窓が大きく開放感があり、部屋を広く見せる効果があります。柱と梁を組んで骨格とする在来工法なら、床から天井までのスペースを最大限に生かせるため、ハイサッシを設置するのも容易です。

伝統的な工法だけに多くの業者で施工可能

日本で育まれてきた伝統的な工法であり、今も日本の家づくりの主流である在来工法。それだけに、多くの業者がこれを手がけています。一方、壁で建物を支えるツーバイフォー工法は、在来工法に比べると施工できる業者はそれほど多くないのが現状でしょう。

多湿な日本の気候条件でも耐久性を維持しやすい

壁で建物を支えるから地震に強いと言われるツーバイフォー工法。日本でも1970年代にもたらされ、今日まで急速に普及してきました。ただし、もともとツーバイフォーは北米や北欧など低湿度の地域で発達した工法。多湿の日本では十分な性能を発揮できないことに注意が必要です。実際、リフォームの際に内部を調査すると、合板などに剥がれが生じ、耐久性が著しく低下していたケースも少なくありません。これに対して、多湿の日本で定着した在来工法はツーバイフォーに比べ、こうした劣化に強いことがわかっています。しかも、雨の多い地域、降雪が多い地域、夏が高温となる地域と、日本の多彩な気候風土に合わせた設計・施工が可能なのも在来工法の強みです。

在来工法のデメリットとは?

在来工法のデメリットとは?

上記のような利点がある一方で、在来工法にも以下のようなデメリットはあります。

大工職人の質に家の出来不出来が左右される

外観や内部空間の設計自由度が高く、改築やリノベーションも比較的容易な在来工法。しかしこうした特色を最大限生かすためには、施工を請け負う大工職人の腕が確かでなければなりません。ここが、家の躯体を工場で生産するツーバイフォー工法と大きく異なる点です。

在来工法は文字通り、伝統的な日本固有の工法です。施工業者は少なくありませんが、腕のよい大工職人の絶対数は限られているのが現状。こうした腕利き職人を動かせる工務店と出会えるかどうかが、家づくりの成否に直結すると言ってよいでしょう。

在来工法で建てる「暖笑ノ家」はここが違う

在来工法で建てる「暖笑ノ家」はここが違う

「暖笑ノ家」は在来工法のメリットを最大限に生かす術を知っています。

ベテラン大工の手による職人品質&感動品質

「暖笑ノ家」の家づくりで施工を担うのは、それぞれ“一人親方”として豊富な経験を積んできた腕利きの職人集団。同業他社からも「暖笑ノ家の大工さんはレベルが違う」と評判です。

腕利きの職人の手による家は一棟一棟が作品と呼べるほど完成度が高く、お引き渡しの際、その仕上がりの素晴らしさに涙される施主様も少なくありません。ちなみに、運営を行っている「せきしょう」の“しょう”は「匠」を意味しています。家づくりの匠による施工こそ、「暖笑ノ家」を支える柱なのです。

創業半世紀。先代から受け継いだ技術と価格

いかに腕利きの大工職人が手がける完成度の高い家でも、建築コストまで高くては一般の方に喜んでいただけません。良質な住まいを、手の届く価格で提供したい──そんな先代の遺志を今に受け継ぎ、「暖笑ノ家」はこだわりの家づくりを実践しています。こうした理想を実現するために、当社は建材の仕入れを見直すなど、数々の経営努力を重ねてきました。すべては、地元盛岡市・滝沢市のお客様にご満足いただくためにほかなりません。

大規模地震でも安心の耐震性・耐久性

「暖笑ノ家」は建物全体を柱だけでなく、木質パネルによる“面”で支える構造にしています。従来の在来工法が横揺れに弱い欠点があったのに対し、「暖笑ノ家」では地震や強風から受ける力を効果的に分散し、大災害の際でも倒壊リスクを最小限にとどめます。

「暖笑ノ家」はここが違う

  • 完成した家を見て泣いてもらえる、感動を与えられる家づくり
  • 運営会社である「せきしょう」の“しょう”は“匠”。レベルの高い職人が理想を実現
  • 責任のある仕事、正直な価格、先代から受け継いだ「自信・実績・技術と価格」が自慢
  • 地域の工務店ならではの機動力
  • よい家を建てたいと願う、すべての方にとって頼もしいアドバイザー
  • 自然素材にこだわり、家族全員が健康に過ごせる家づくりを実践
  • 新築・リフォーム・地盤改良──住まいに関連する広範なサービスを提供