大切なお金の話Knowledge money

大切なお金の話

入念な資金計画でムリのないマイホーム購入を

入念な資金計画でムリのないマイホーム購入を

「暖笑ノ家」では、岩手県盛岡市・滝沢市を中心とした地域の皆様に、独自の経営努力により品質・性能に優れた注文住宅を“手の届く”価格でご提供しています。ただ、それでも家づくりにはまとまったお金が動きます。それだけに、マイホーム購入に際しては入念な資金計画を立てることが大切です。ここでは、住宅ローンの借り方、返し方など家づくりにまつわるお金についてお話しします。

なお、当社では、皆様からの資金相談にお応えしています。岩手県盛岡市・滝沢市でマイホーム購入をご検討中の方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

ゆとりある暮らしのために周到な資金計画を

冒頭で述べたように、マイホーム購入にはまとまったお金が動きます。だからこそ資金計画をきちんと立てることが大切。たとえば、どの程度自己資金を用意すればよいか、住宅ローンの借入額をいくらにするか、何年かけて返済するか、月々の返済をいくらにするかを慎重に決めていかないと、その後の人生設計に狂いが生じます。

家づくりは決してゴールではありません。その後、何十年と家族の暮らしが続くからです。当初の見通しが甘いと、家計にも生活にも支障を来してしまいます。そうならないためにも、周到な資金計画を立てるようにしましょう。

資金計画とライフプランは一体で考える

資金計画とライフプランは一体で考える

資金計画と言うと難しく聞こえますが、要は「マイホーム購入費用だけを考えていてはいけない」ということです。もちろん、一生に何度とない家づくりなので、誰しもできるだけ理想に近い住まいにしたいと考えるのはムリもないこと。しかし、そこにだけお金を集中させてしまうと、日々の家計や人生設計が大きく影響を受けてしまうので注意が必要です。

「人生の三大支出」をご存知でしょうか? 長い人生を送る上でもっとも大きな出費となる、「住居費」「教育費」「老後費」のことです。

イメージとしては住居費がいちばん大きそうに見えますが、そんなことはありません。お子さんを幼稚園から大学まで通わせるためには、教育費が何千万と必要になります。しかもきょうだいが何人もいれば、その分出費がかさみます。

また、世間では定年退職後、少なくとも2,000万円の老後費が必要だとされていますが、他方で2,000万円では足りないという声もあがっています。そう考えると、やはり、住居費、教育費、老後費のいずれかに偏った支出は大きなリスク要因と言えるでしょう。

こうしたことを考えると、住宅ローンの利用に際しては、家計に負担をかけないようムリのない借り方、返し方を十分に考える必要があります。もちろん、当初、自己資金をいくらまで用意できるかといった基本的な課題も避けて通れません。その意味でも、資金計画とライフプランとは分けて考えることのできない問題でしょう。

自分にとってベストな住宅ローンを選ぶことが大切

いくらかの自己資金を用意できたとしても、「残りは住宅ローンで借り入れを起こして」という方が大半でしょう。ただ、ここで気を付けたいのは、住宅ローンは決して一通りではないこと。住宅金融支援機構の「フラット35」はCMなどでもおなじみですが、国内に4,800種類ある住宅ローン商品の一つに過ぎません。なお、フラット35は名前の通り35年間返済額が変わらないタイプですが、ほかにも初回から完済まで月々の返済額が段階的に増えていくもの、金利が変動するものや固定型などさまざまな商品があります。

これらの中から、自分にはどれがピッタリの商品か見極めるのはなかなか難しいでしょう。フラット35は、確かに全期間を通じて返済額が変わらないので安心感がありますが、場合によっては、変動型や金利に着目した住宅ローン商品を選んだ方が、最終的な総返済額、毎月の返済額が小さくなる場合もあります。

なお、「暖笑ノ家」では資金計画のご相談にも応じています。お客様の収入や家計状況などを検証、さらに将来設計などをヒアリングし、ムリのない住宅ローンの借り方・返し方をアドバイスいたします。ぜひ、お気軽にご相談ください。

建築費用以外のコストもしっかり押さえる

家づくりの資金と聞くとどうしても建築費用や土地を取得するための費用ばかりに目が行きがちです。しかし、じつはこれ以外にも、引っ越し費用や新しい家で使う家具・家財類の購入費用も別途かかります。家や土地と比べれば負担は小さいかもしれませんが、これを考慮せずに予算を組んでしまうと、「こんなはずでは!」と慌てる原因になるでしょう。

また、住宅を購入する際には不動産取得税、購入後は固定資産税、都市計画税などの税金を納めなければなりません。家づくりに際しては、こうした諸々の経費=諸費用がどれだけかかるのか、事前に洗い出す必要があります。

マイホーム購入が初めての方が、ここまで詳細な予算を明らかにするのは至難の業でしょう。でも、ご安心ください。「暖笑ノ家」なら、資金計画のご相談時に費用全体の洗い出しができます。

こんな家にしたい──という希望を追求していくと、どうしても予算は膨らんでいきます。それも費用を捻出できれば問題ありませんが、時には何かを断念するかどうかの判断を迫られることもあるでしょう。ご安心ください。暖笑ノ家では、そんな場合でも資金サポートに協力的な銀行をご紹介いできます。

また、費用負担の軽減に役立つ補助金など国や自治体の制度をご紹介することも可能です。お困りの際はぜひ、お気軽にご相談ください。